CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

杉ケ瀬ヤナ

天然アユを食べたいという父母のために、敬老の日を兼ねて、郡上のヤナに行ってきました。

 

清流長良川のヤナにかかる天然のアユということで、杉ケ瀬ヤナというところに初めて行ってきました。

東海北陸道のぎふ大和インターを出てすぐの所にありました。

 

  18.jpg 

  出典:tabelog.com

 

ログハウス風の店舗の二階に上がっていくとすぐに、炭火で焼く串刺しのアユの塩焼きがずらっと並んでいて、店内はアユの香ばしい香りでいっぱいです。

 

平日にもかかわらず店内は大勢のお客様や、予約席でいっぱいでした。

 

  7.jpg

 

5品のアユを食べることのできる3500円コース(税別)にいたしました。

 

まず一品目はアユの煮つけでした。

 

  6.jpg

       骨まで柔らかい甘辛の煮つけでした

 

二品目はアユのフライでした。

 

  8.jpg

      アツアツ揚げたてで、美味しかった〜

 

三品目はお待ちかねの定番、アユの塩焼きです。

 

  11.jpg

    やはり天然は美味しい!串ごとガブリといきます

 

四品目はアユの田楽です。

人数分大皿に盛りつけてくるとこんなに迫力があります。

 

  10.jpg

 

五品目はアユ雑炊か、アユの炊き込みご飯かを選択できました。

 

  13.jpg

    こちらがアユの雑炊、ちょっぴり塩辛かったかな〜

 

  12.jpg

   こちらがアユの炊き込みご飯、すごいボリュームでした

 

雨上がりの川は、流れが急で濁っていて、アユもよく揚がっているようでした。

 

  14.jpg

 

  15.jpg

 

  17.jpg

 

自然に囲まれた中での、アユ三昧で心もお腹も満たされました。

 

 

  

  

 

 

| くらし | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
名古屋帯のお直し

朝晩の涼しさに秋を感じるこの頃です。

さて、秋の気配を感じ始めると着物に袖を通したくなりますよね。

久しぶりに着てみたら、なんと帯が短くなった!

ではなくて、自分の体が一回り大きくなった!

と感じることはありませんか?


そんな悲しい現実に遭遇した際には、その帯を使うのをあきらめるのではなく、少し直して使うことを考えても良いと思います。

名古屋帯も袋帯も体に二巻き致します。

一巻き目の見えない部分で生地を継げば大丈夫です。 
余り生地(古い帯を使うとなお良いです)さえあれば、多少色が違っていても使えます。

 

  2.jpg

         生地を継ぐ前の名古屋帯

 

  3.jpg

         生地を継いだ後の名古屋帯

 

これでお太鼓柄の帯も楽に良い位置に締めることができることでしょう

お気に入りの帯もまた使うことができるようになります。

 

弊店では、帯直しだけにとどまらず、ゆき直しや、身丈直し、紋直し、染め直し等お着物全般の加工も承っております。

お気軽にご相談ください。

 

なお、今月は21日から30日まで休暇をいただきます。

御用の方は、10月以降にご連絡いただけますとありがたいです。

 

 

 

 

 

 

| - | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゆかた姿のいろいろ

八月も残すところ僅かとなりました。

盛夏の装いもあとしばらくで、単衣の装いへと移り変わっていきます。

今年の夏を振り返る意味で、いらっしゃったお客様のゆかた姿を少しご紹介させていただきます。

 

     30.jpg

    赤紫色に紫の花が散らされた浴衣、女性らしい!

 

     31.jpg

    角出し(つのだし)風に大人っぽく結びました。

    衣紋(えもん)も多めに抜いてあります。

 

 

     20.jpg

       白地に赤い花柄が若々しいです

 

     21.jpg

         蝶結びでかわいらしく・・・

 

 

     80.jpg

       白っぽい浴衣に濃い角帯がさわやか

       白地に赤の縦じまと菊の花、黄色の帯

 

     81.jpg

     貝の口と、代わり結びがお似合いのカップル

 

 

     70.jpg

       水色の絞り柄のゆかたが涼やかです

  

     71.jpg

       変わり角出し風に結んだ様子

 

     91.jpg

        羽の部分を三角にした蝶結び

      同じ帯でもイメージが変わりますね

 

     90.jpg

        前の部分をねじった場合

 

 

     3.jpg

   濃い緑にサイコロのようなポップな柄が印象的なゆかた

   白の博多角帯がキリリと締まります。

 

 

     15.jpg

      白地に小花を散らした絹芭蕉の夏着物

     

     10.jpg

       帯締めの色を変えると優しい印象

 

     16.jpg

       レース織の夏帯がさわやかです

 

 

     60.jpg

     青い地色にピンクや紫の花がかわいいゆかた

 

     61.jpg

        定番の花文庫でかわいく・・・

 

 

     50.jpg

     落ち着いた水色に風鈴柄が夏らしいゆかた

 

     51.jpg

     黒地に白とグレーの水玉の兵児帯で軽やか・・・

 

 

 

 

 

  

| きもの | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かぶせ茶

先日、四日市の水沢あたりのお茶処で、かぶせ茶というものをいただきました。

 

かぶせ茶とは、遮光幕をかけて直射日光を遮って栽培するため、渋みの元であるカテキンは通常の煎茶より少なく、旨みの元であるテアニンは多くなるのです。また、茶葉の色も煎茶より鮮やかになり、また被せることにより玉露のような覆い香も発生するのです。

 

さて、伺ったのは普通の民家を改装した喫茶店?でした。

 

  IMG_1281.JPG   

 

かぶせ茶農家が飲んで味を知ってほしいと始めたカフェだそうです。

お茶膳というお菓子とあられ茶漬けのついたメニューが人気のようでした。

私は香りが独特の甘みのさえあかりという品種のかぶせ茶に洋風デザート(かぶせ茶とヨーグルトのジェラートとクッキー)のお茶膳に致しました。

 

  IMG_1269.JPG

 

最初に白い器に入った湯さましを真ん中の茶葉の入った急須に入れ、1〜2分待って茶葉をしっかり開かせます。

それを左手前の茶器に注いで飲みます。

するとなんとトロリとした甘みのあるお茶が頂けます。

その後はポットに入ったお湯を使って何杯でもお茶が出なくなるまで楽しめます。

 

その際、白い器に入れて温度を下げてから入れたお茶は甘くなり、ポットから直接入れた熱いお茶は苦くなるようでした。

お湯の温度でこんなにもお茶の味が変わることにびっくり致しました。

 

 

                1.jpg

 

さらに左奥にあるあられに塩コンブと抹茶を好みで入れ、お茶を注いであられ茶漬けにしていただきました。

あられが香ばしく、時間がたつとシンナリしてきて美味しかったです。

 

  IMG_1273.JPG

 

そしてなんと最後には、ダシガラとなった茶葉をポン酢醤油で食べてしまうのです。

しっかり飲みつくした茶葉は、柔らかく広がってちょっとワカメのような感じでした。

まさにお茶を最初から最後までしっかりと味わいつくすお茶膳でした。

 

  IMG_1270.JPG  

 

こちらは甘味たっぷり玉露級のとびっきりかぶせ和風デザート(かぶせ茶水ようかん)のセットです。

どちらも600円でした。

 

  IMG_1280.JPG

 

知らないでいると通り過ぎてしまうような普通のお宅のたたずまいです。

 

  IMG_1276.JPG

 

内装はこんな感じ・・・骨董品の扇風機や調度品に囲まれています。

 

  IMG_1274.JPG

 

土間を利用してお茶の販売もしています。

お近くに行かれる機会がございましたら是非、お茶膳体験してみてください。

お茶を見直す良い機会になると思います。

 

 

 

       

| くらし | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ワンコインゆかた教室を終えて・・・

大雨の梅雨空とかんかん照りの夏空を 交互に繰り返す不安定な季節です

 

今年も浴衣シーズン到来の前に、恒例のワンコインゆかた着付け教室を開催いたしました

 

  

 

   参加下さった皆様、本当にありがとうございました

  

 

  

 

まったく初めて自分で着てみる方、少し経験のある方が一緒に練習いたしました

 

   

  

 

   みなさん、本当に一生懸命でした

 

  

 

 手とたれを一結びした後、ねじって結び目に逆らうのがポイント!

 

  

 

 羽に二つ山ひだを作る時は、たれの根元もつまむことが大切!

 

   

 

今回は前日キャンセルの方がいらっしゃって5人での教室でした

でも、目が行き届いてちょうどいい人数だったような気がします

 

 

  

 

お互いに聞いたり教えあったりして、和気あいあいとした雰囲気でやれました

お茶の時間には、お互いの歳を聞いたり、「若いね〜」とか「子持ちには見えな〜い」とか女子トークで盛り上がりました

最後のアンケートにも全員が「教室の雰囲気は楽しい」に○をつけてくださいました

 

 

    

 

同い年の友人同士の参加です。有給休暇を取って参加して下さいました

どうもありがとうございます

 

    

 

  ピンクの市松柄のゆかた(左)黒地に赤や紫の花柄のゆかた

  かわいく花文庫の帯結びができました!

 

    

 

  白地にアジサイ柄、水色地にユリの花、紺地に大輪の白花

  それぞれ夏らしく涼やかです

 

    

 

       帯の色合わせもちょうどいい具合です

       さっそく着てお出かけできそうですね

 

          

お茶を召し上がっていただきながら、兵児帯の結び型のデモンストレーションをいたしました

 

    

 

      こんなに華やかな帯結びになります

 

    

 

  前の部分もねじって変化をつけやすいのが兵児帯の特徴です

 

短い時間で、十分にゆかたの着付けを習得できたかどうかは少し不安が残りますが、お渡ししたプリント等を見て復習されれば、きっと今年の夏はゆかたデビューできることと思います。

 

ぜひ来年も多くの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

| 着付け | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ワンコインゆかた着付け教室のお誘い

梅雨らしいジメジメした日が続いていますね。

先日晴れ間が出た日の午後、アジサイを見に行ってきました。

 

 

IMG_1037.JPG

 

岐阜県池田町の弓消(ゆげ)寺です。

随分派手な色で表された石碑です。

けれど、塀に沿って白色のアジサイがたくさん植えられていてとても見事でした。

まさに今見ごろの白い大きなアジサイでした。

 

 

IMG_1038.JPG

 

弓消寺の山門とお手水

 

 

IMG_1039.JPG

 

境内にも大小さまざま、色さまざまのアジサイが咲いていました。

ただし、こちらのアジサイはやや時期が遅いように感じました。

 

 

IMG_1029.JPG

 

お寺に向かう急な坂道沿いに連なるアジサイの列

少し花の付きが悪いようでしたが、葉のみずみずしさが美しかったです。

 

 

IMG_1042.JPG

 

池田山山麓の高台にあるお寺ですので、池田町だけでなく、岐阜市や金華山まで一望できる絶景です。

同じ敷地内に温泉も沸いているようです。

 

 

 

IMG_1054.JPG

 

寺から降りる途中は、お茶畑がいっぱいで、まさに機械による茶摘みの最中でした。

美味しい揖斐茶が飲みたくなりました。

 

さて今年も恒例のワンコインゆかた教室の時期がやってきました。

今回は平日の1回限りですので、お早めに申し込みお願いいたします。

2年続けて参加下さって、バッチリ浴衣を着る事が出来るようになられた方もいらっしゃいます。

お気軽に、何度でもご参加ください。

 

 

       ワンコインゆかた着付け教室

 

  とき   7月 13日(水)  午後1:30〜3:00
       
  ところ  弊店 ( 和装の いわしょう )

  会費   500円( お茶菓子付 )

  持ち物  浴衣、半巾帯、肌着、すそよけ(ワンピースタイプも可)

       前板、伊達〆、腰紐3本、タオル1〜2本 

      (持ち物で不足の物がございましたら、弊店での購入も可)

 
                 20120718_2423312.jpg

 

参加ご希望の方は、下記連絡先へ電話またはメールにて、お名前と電話番号をお知らせください。
みなさんのご参加をお待ち申し上げます。お気軽にご連絡くださいませ。

 

 昨年のゆかた着付け教室の様子は、こちらから。



   連絡先
   各務原市の着物屋 和装のいわしょう
   TEL:058−382−5205 

   メールでの連絡 または お問い合わせは、こちらから。


 

| - | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
きもの丸洗い 染み抜き
衣替えの6月が近づきました。
今年も丸洗いキャンペーンを開催いたします。
この機会に気になっていたお着物のクリーニングをしてみませんか?

・着物を着たけれど、それほど汚れが無いように感じる方
・短時間着ただけの方
・また着る機会がある着物の方
・衿のファンデーション汚れだけが気になる方
・普段着だから、それほどお金をかけたくない方


そのような方に向けて、お着物の丸洗いを通常価格より格安にさせて頂くキャンペーンを企画いたしました。
 

    「 丸洗いキャンペーン 」

  お預かり期間・・・6月15日〜7月15日  
   (6月より受付開始いたします。)

  価格
   きもの・・・¥3,900 (通常価格¥5,500) 税別
   長襦袢・・・¥2,900 (通常価格¥4,500) 税別
   留 袖・・・¥4,800 (通常価格¥6,500) 税別
   振 袖・・・¥4,800 (通常価格¥6,500) 税別
   袋 帯・・・¥2,300 (通常価格¥3,900) 税別

※注1
単衣も袷衣も同価格です。

※注2
丸洗い(京洗い)とは・・・着物のクリーニング
着物や帯を揮発系溶剤で、仕立て上がったままの状態で洗います。
特に汚れやすい衿、袖口、裾は下洗いした後、全体を洗います。
油性のシミ(ファンデーション、口紅など)に効果的です。
汗などの水溶性のものは取れないことが多いです。

※注3
付いてから時間が経過した汚れや、変色したシミ等、丸洗いでは落とせない場合があります。
その場合、別途シミ抜きが必要になります。
汚れがひどい場合には、最初からシミ抜きをお勧めいたします。



 
| きもの | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
犬山まつり 2016
桜満開の4月2日に犬山のまつりに出かけてまいりました。

     1.jpg

3日は雨の予報が出ているせいか、桜を見るなら今日しかないというのもあり、大変なにぎわいでした。

     2.jpg

13輌の車山(やま)が犬山城前の広場に全て並んだ様はとても見事でした。
車山に掛けられた覆いの刺繍もそれぞれの車山により、個性があり歴史も感じられ興味深いものでした。

     21.jpg
     金色の刺繍で表した波を泳ぐ躍動感のある鯉


     20.jpg
     目がいくつもある不思議な珍獣が力強い


     19.jpg
      波間を行くサンゴを持った漁師


     22.jpg
  全て刺繍で表した鶴、立体的で今にも飛び出しそう・・・


     17.jpg
        駆け回る狛犬

     33.jpg
    年代を感じる色合いの龍と雲の総刺繍

  
城下町に繰り出す前に車山の上で行われるからくりも、各車山により趣向が凝らされ、物語を観るようでとても楽しかったです。
13輌すべて見たかったのですが、高い位置にあるのでずっと見ているのは首が痛くなるほどでした。


    36.jpg  37.jpg  
   浦島太郎が玉手箱を開けて老爺に変わる瞬間

 5.jpg 6.jpg
 黒い箱を器用に持ち移動、中から人が現れ、一瞬で面を被るからくり


犬山祭は当地の産土神を祀る針綱神社の行粧式であり、なんと江戸時代、寛永12年(1635)尾張徳川家付家老の犬山城主成瀬隼人正正虎公の沙汰で氏子が行粧の車山・ねり物を出し、以来今日迄継承されてきたそうです。

      34.jpg

古い歴史のお祭りがこのように長く続けられていること、車山を動かす男衆や曲を奏でる子供たちが生き生きしていることにも感心致しました。

        9.jpg
      演奏する子供たちの豪華な衣装

      14.jpg
        りりしい後ろ姿
  

       28.jpg
      おおぜいの男衆で車山を動かします

   27.jpg
  揃いの猿股にわらじ、腰には色とりどりの兵児帯・・・

     10.jpg

重さ5トン超の車山を、男達が豪快に持ち上げて方向転換する「どんでん」は大迫力。


    15.jpg

       32.jpg
       珍しい鳥の船型の車山
 
       4.jpg

 大勢の地元の方々の力を感じる犬山の祭りでした。
 高山祭ほどは混んでいないし、じっくり近くで車山もからくりも見れるので、最高だと思いました。 

  

 
| くらし | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
卒業式の様子
先日、子供の大学の卒業式に参列いたしました。
卒業の喜び、四月からの希望にあふれた学生たちの弾けるような明るさが、保護者の私たちにはとてもまぶしいものに感じました。
特に私にとっては末の子供の卒業式でしたので、今回はより肩の荷が下りたような安堵感がひとしおでした。

  

卒業式といえば、女生徒の袴姿が当たり前になってきました。
今回も素敵な袴姿の女学生がいっぱいで、見ているだけで、華やかで楽しくなってしまいました。

    
  赤の中振袖に濃紺の袴(左)、白の中振袖に深緑の袴


    
     紺の矢絣小紋に紺の袴で清楚な感じ・・・


    
   個性的でレトロモダンな中振袖にワイン色と紺色の袴


    
    古典柄の本振袖にカラシ色の袴が印象的・・・


    
      鹿の子絞り風の袴で落ち着いた感じ・・・


    
     豪華な柄の中振袖に刺繍袴で、はいポーズ!


    
        色とりどりの着物姿・・・


    
    輪になって別れを惜しんでいるのでしょうか?


    
      黒白の本振袖に黒の袴もかっこいい!


    
   レトロな小紋に無地袴、ブーツの方が多いですね


袴姿の女学生の中に混じって、振袖姿の方も数人いらっしゃいました。

     

     

また保護者の中には、お着物姿の方もいらっしゃいました。
色無地、附け下げ、訪問着の方が多かったです。
少し肌寒い天気でしたので、コートや羽織を重ねている方も多かったです。

とても華やかな卒業式でした。







 
| くらし | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
卒業式の袴レンタル
立春が過ぎ、少しずつ春の気配が漂ってまいりました。
各地で梅の便りも聞かれます。

今回はお嬢様の卒業式の装いとして、袴のご紹介を致します。

弊店では、この卒業式の時期に袴のみのレンタルをしております。

無地の袴は、紺、黒、エンジ、紫、ローズ、緑の6色あります。
弊店での着付け付きで、レンタル価格6,000円(税込)になります。

袴のみのレンタルは3000円(税込)になります。

     

     

     

     

     

     
    ※なお、写真の中振袖のお着物は参考商品です。

     
        無地袴(エンジ)使用例
     

刺繍入りの袴は、ローズ、黒、緑、紺、エンジ、紫の6色あります。
弊店での着付け付きで、8000円(税込)となります。
袴のみのレンタルは5000円(税込)となります。


     
     

   

     
        刺繍袴(エンジ)使用例

またボカシの袴はワイン、グレー、緑、紫の4色あります。
弊店での着付け付きで、8000円(税込)となります。
袴のみのレンタルは5000円(税込)となります。


   

   

     
        ボカシ袴(紫)使用例

袴サイズは、M (91cm)身長 153cm 〜 160cm 対応
      L (95cm)身長 160cm 〜 170cm 対応
     2L (99cm)身長 170cm 〜 175cm 対応
     3L(102cm)身長 175cm 〜 180cm 対応
となります。

すでにレンタル開始されており、全サイズ、色、柄が希望どうり揃わないこともございます。
お早めに予約されますことをお願いいたします。

また、着付けは弊店でのみ承ります。出張はしておりません。
さらに、袴の着付けのみのご依頼は、4000円にて承ります。

     
         ボカシ袴(ワイン)使用例

着付けの際には、着物、長襦袢、半幅帯、着付け小物をお持ちください。







 
| 商品紹介 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/19PAGES | >>